トップ > 事業内容 > 2017 > 学校NPO 珊瑚舎スコーレ
2018年度 助成団体

助成プログラム A「食育活動」

21. NPO あーすりんく 22. NGO inon 23. 特定非営利活動法人 essence 24. 一般社団法人 大船渡青年会議所 25. 公益財団法人 京都YWCA 26. 特定非営利活動法人 こども・コムステーション・いしかり 27. 特定非営利活動法人 珊瑚舎スコーレ 28. 特定非営利活動法人 とめタウンネット 29. 一般社団法人 白馬スポーツ・自然振興協会 30. 日和なごみ会

助成プログラム B
「食を通した居場所づくり支援」

31. 特定非営利活動法人 石巻復興支援ネットワーク 32. 特定非営利活動法人 ウイズアイ 33. 特定非営利活動法人 キッズ未来プロジェクト 34. 特定非営利活動法人 子育てネットひまわり 35. 一般社団法人 子どもの居場所 まーる 36. NPO法人 CPAO 37. 新旭住民福祉協議会 38. 認定NPO法人 3keys 39. NPO法人 せたがや子育てネット 40. なかがわ☆こども食堂実行委員会 41. 不登校支援 「親の会」 42. 社会福祉法人 豊明市社会福祉協議会 43. 特定非営利活動法人 YCスタジオ 44. わいわい子ども食堂プロジェクト 45. 社会福祉法人 わたぼうしの会 46. 一般社団法人 ワタママスマイル 2017年度 助成団体

助成プログラム A「食育活動」

1. 一般社団法人DRYandPEACE 2. 特定非営利活動法人NPOホットライン信州 3. 公益財団法人 京都YWCA 4. 食育×科学れしぴ研究所 5. 特定非営利活動法人食生態学実践フォーラム 6. 特定非営利活動法人農業情報総合研究所 7. NPO法人 ファミリーステーションRin 8. 特定非営利活動法人森のライフスタイル研究所

助成プログラム B
「食を通した居場所づくり支援」

9. あいち子供食堂ネットワーク 10. あさひ子ども見守りネットワーク 11. 特定非営利活動法人市川子ども文化ステーション 12. さくら通りこども食堂アドシュガー 13. さくらの庭子ども食堂 14. 特定非営利活動法人 さっぽろ福祉支援ネットあいなび 15. 特定非営利活動法人サポートハウス年輪 16. 特定非営利活動法人 珊瑚舎スコーレ 17. 特定非営利活動法人地域たすけあいの会 18. 寺子屋いづみ 19. NPO法人ほっとすぺーす・つき 20. NPO法人南河内こどもステーション
2017年度 食を通した居場所づくり支援

学校NPO 珊瑚舎スコーレ

「学び」とは、思索、表現、交流、新しい自分と出会う為の旅!

沖縄の貧困世帯に対し、16:40~18:20、19:00~20:40の時間帯で無料の学習塾を行っています。対象は小学1年生から中学3年生までです。私たち珊瑚舎スコーレでは、学びを通し、自分を作っていく手助けを行っております。塾ではありますが、多様な学びや表現が出来るよう、うちなー口やリズム&コーラス、空手やアートタイムの授業も行っており、半年に一度、学習発表会も行っております。自分の学びが人の学びにも役立つと考えており、行っております。また、夏には5教室合同でキャンプも行っており、交流も図りながら、外で遊ぶ経験も作りながら、他の人と一緒にご飯を作ったり、外で遊ぶことにも取り組んでいます。
学校NPO 珊瑚舎スコーレ
代表者:星野 人史 
所在地:沖縄県那覇市樋川1-28-1 3F

設立年月日:2012年4月1日
連絡先:098-836-9011(事務局) 070-3353-6715(事業担当 上原)
URL:https://sangosya.com/
助成申請事業名:無料学習塾での食事提供にかかる備品整備事業
助成金額:23万円
助成事業概要:
助成事業概要
2018年05月14日
生徒のほとんどが、お小遣いがない為に、自宅に帰って食べられるものを見つける。あるいは自宅に帰っても食べるものがない為、空腹のまま勉強に臨んでいます。家庭で保護者が料理を作っている姿を見たことがない生徒も多く、作ることはおろか、給食で食べたもの以外の食べ物の名前を知らない生徒も少なくありませんでした。 冷蔵庫、オーブンレンジ、ホットプレート、ボール等の機材の購入、また一教室一か月7000円程度の食材の購入に使わせていただきました。 軽食が準備されていることが生徒の安心感を生み、塾へ定期的に通うことが出来ました。以前からの課題として、空腹のあまり眠気が襲い、集中が出来ずに苛立ってしまい、講師に反抗的な態度をとることも多々ありました。また、家に帰ってもごはんが準備されていない為、自分で作らなくては食べることが出来ない世帯も多く、塾の時間に間に合わずに休む生徒も多かったのが現状でした。しかし、補食を始めてからは、学校が終わったらすぐ塾へきて、宿題を早く終わらせたり、一緒にみんなのおにぎりを作ったりして時間に余裕をもって勉強に取り組める生徒が非常に多くなりました。私たちスタッフも改めて、「食」が影響する子供たちの生活リズムに気づくことが出来、今後も購入させていただいた備品を最大限に活用し、支援していく所存でございます。
2018年05月14日
2018年05月14日
参加者の声 ・お腹がすいていている時に軽食をたべることによって、集中できました。 (中3)
・皆で楽しく食べることが出来たので良かった。 (中3)
・おいしいごはんを提供してくれて、ありがとうございます。ご飯を食べる度、幸せです。 (中1)
・寒い時に飲んだスープがおいしかった。 (小6)

最新情報はこちら