トップ > 助成団体活動紹介 > 特定非営利活動法人 とめタウンネット
2019年度 助成団体

助成プログラム A「食育活動」

48. あさひ子ども見守りネットワーク 50. 特定非営利活動法人ウイズアイ 52. 特定非営利活動法人風の村学舎 53. NPO法人教育ファーム宮崎・綾 54. 特定非営利活動法人子育てふれあいグループ自然花 56. 特定非営利活動法人こども・コムステーション・いしかり 57. 小松菜プロジェクト 58. 特定非営利活動法人珊瑚舎スコーレ 59. てらこやちば 60. 一般社団法人DRYandPEACE 61. 七飯の食を考える会 64. NPOフリースクール僕んち 66. NPO法人みのりの森 69. 公益財団法人京都YWCA

助成プログラム B
「食を通した居場所づくり支援」

70. art lab ova 71. いけいけ子ども食堂 72. 小幡緑地冒険遊び場の会 73. 学習支援ひろば「くじら寺子屋」 74. 一般社団法人らしくサポート 78. 子どもの生活支援ネットワーク こ・はうす 79. 特定非営利活動法人子どもの未来・にじ色プレイス 80. 一般社団法人 しあわせ計画舎 81. 公益財団法人すみれ学級 83. 森の玉里子ども食堂 84. 団欒長屋プロジェクト 85. 特定非営利活動法人 地域生活支援センターみまさか 86. NPO法人 地域こども包括支援センター 87. 特定非営利活動法人 つづら 88. つなぐ子ども未来 89. 西校区社会福祉協議会 91. 一般社団法人 ひとことつむぐ 92. 特定非営利活動法人マンナMANNA 93. 特定非営利活動法人ゆめみ~る 94. 特定非営利活動法人ワーカーズコープ 95. 特定非営利活動法人わっか 96. わつなぎの会 わつなぎ食堂

助成プログラム B
「食を通した居場所づくり支援
(スタートアップ助成金)」

97. おけまる食堂 98. NPO法人SK人権ネット 熊谷なないろ食堂 100. 子ども食堂くすくす 101. 子ども食堂食育「五つの力」 104. しうんまんまる広場 105. 一般社団法人小豆島子ども・若者支援機構 106. 白岡こども食堂 はらいっぱい 107. 竹園土曜ひろば 108. Tおむすび食堂 110. 特定非営利活動法人なまむぎこども食堂 112. 東川こどものみらい協議会 113. ひまわり食堂 足寄 115. 不登校の子のための居場所 あれとぽ 116. みやわかこども食堂ネットワーク 2018年度 助成団体

助成プログラム A「食育活動」

21. NPO あーすりんく 22. NGO inon 23. 特定非営利活動法人 essence 24. 一般社団法人 大船渡青年会議所 25. 公益財団法人 京都YWCA 26. 特定非営利活動法人 こども・コムステーション・いしかり 27. 特定非営利活動法人 珊瑚舎スコーレ 28. 特定非営利活動法人 とめタウンネット 29. 一般社団法人 白馬スポーツ・自然振興協会 30. 日和なごみ会

助成プログラム B
「食を通した居場所づくり支援」

31. 特定非営利活動法人 石巻復興支援ネットワーク 32. 特定非営利活動法人 ウイズアイ 33. 特定非営利活動法人 キッズ未来プロジェクト 34. 特定非営利活動法人 子育てネットひまわり 35. 一般社団法人 子どもの居場所 まーる 36. NPO法人 CPAO 37. 新旭住民福祉協議会 38. 認定NPO法人 3keys 39. NPO法人 せたがや子育てネット 40. なかがわ☆こども食堂実行委員会 41. 不登校支援 「親の会」 42. 社会福祉法人 豊明市社会福祉協議会 43. 特定非営利活動法人 YCスタジオ 44. わいわい子ども食堂プロジェクト 45. 社会福祉法人 わたぼうしの会 46. 一般社団法人 ワタママスマイル
2018年度 食育活動

特定非営利活動法人 とめタウンネット

人と人、場所と場所をつなぎ、「元気な登米市」づくりを!

東日本大震災の発災直後、地元有志が集まり携帯電話の充電サービスや炊き出し、救援物資の調達・配給など復旧支援活動を開始。全国から駆け付けた多くのボランティアとの共同事業も数多く実施。被災者の生活再建をはじめとする復旧・復興活動は長期に及ぶと考え2012年1月にNPO法人格の認証を受け正式に発足した。
特定非営利活動法人 とめタウンネット
代表者:及川 幾雄 
所在地:宮城県登米市迫町佐沼字大網218-1

設立年月日:2014年1月17日
連絡先:tometownnet@gmail.com
URL:http://www.tometown.net/index.html
助成申請事業名:農場と食卓をつなぐ食の輪実感プロジェクト
助成金額:100万円
助成事業概要:
登米市は「登米市農業生産 1 日 1 億円創出プラン」を掲げ、米・野菜・畜産(牛・豚)を生産しているが、非農家世帯が増加する中、市民の第一次産業に対する関心が薄れています。
そこで、以下を目標としたプロジェクトを実施させていただきます。

・登米市の耕畜連携の現場を知り、四季折々の農業体験(畑仕事、加工)を通じて生産者と消費者をつなぐ
・一物全体の精神に則ったレシピを考案し食品ロスの意識を醸成する

=活動内容=
【農業体験】
(株)かのファーム(仙台牛肥育、米・大豆生産、パン・惣菜加工、自家大豆製品~納豆・豆腐・豆乳・油揚げ~販売)の協力のもと月に1回程度の農業体験(4月から11月は畑仕事や牛舎や圃場見学、1月から3月は味噌づくりなどの加工体験)を実施する。
【いただきます食堂】
本道佳子さん(NPO法人国境なき料理団代表理事)などによるデモンストレーション型お食事会を開催。四季折々の食材を一物全体の視点を入れて調理することで食品ロスの意識を高める。また自分たちが作った野菜を調理することにより、生産の現場と消費者をつなぐ機会にもなる。
【セミナー】
Farm to Table to Farm「農場から食卓へ、そして農場へ」と、農場と食卓を繋ぐ双方向的な流れを提唱している中井裕教授(新潟食料農業大学食料産業学部学部長)を招聘し、セミナーを開催。農業体験やいただきます食堂の実践についての有効性についても検証していただく。
【食の輪便りの発行】
毎月1回、ニューズレターを発行。登米市内全公民館や市内カフェ等へ配布。


2018年05月14日 4月の畑(20180428)
【4月の畑仕事と草餅づくり】
(株)かのファームさまのご協力のもと、畑びらきをしました。
かのファームさまは、仙台牛、お米、大豆を生産。自家大豆を使った豆腐・納豆・豆乳を製造販売も手掛けています。
通称「大きな畑」は田んぼを転作した広い畑です。今日は土を耕起しマルチを敷いてトウモロコシの種をまきました。
通称「小さな畑」はビニルハウスだったところを活用して、周縁部にはブルーベリーやルバーブ、クコ、ハーブなどを植えています。中央部にはこれから、里芋やサツマイモを植える予定です。

最新情報はこちら