トップ > 助成団体活動紹介 > 公益財団法人すみれ学級
2019年度 助成団体

助成プログラム A「食育活動」

48. あさひ子ども見守りネットワーク 50. 特定非営利活動法人ウイズアイ 52. 特定非営利活動法人風の村学舎 53. NPO法人教育ファーム宮崎・綾 54. 特定非営利活動法人子育てふれあいグループ自然花 56. 特定非営利活動法人こども・コムステーション・いしかり 57. 小松菜プロジェクト 58. 特定非営利活動法人珊瑚舎スコーレ 59. てらこやちば 60. 一般社団法人DRYandPEACE 61. 七飯の食を考える会 64. NPOフリースクール僕んち 66. NPO法人みのりの森 69. 公益財団法人京都YWCA

助成プログラム B
「食を通した居場所づくり支援」

70. art lab ova 71. いけいけ子ども食堂 72. 小幡緑地冒険遊び場の会 73. 学習支援ひろば「くじら寺子屋」 74. 一般社団法人らしくサポート 78. 子どもの生活支援ネットワーク こ・はうす 79. 特定非営利活動法人子どもの未来・にじ色プレイス 80. 一般社団法人 しあわせ計画舎 ▶ 公益財団法人すみれ学級 83. 森の玉里子ども食堂 84. 団欒長屋プロジェクト 85. 特定非営利活動法人 地域生活支援センターみまさか 86. NPO法人 地域こども包括支援センター 87. 特定非営利活動法人 つづら 88. つなぐ子ども未来 89. 西校区社会福祉協議会 91. 一般社団法人 ひとことつむぐ 92. 特定非営利活動法人マンナMANNA 93. 特定非営利活動法人ゆめみ~る 94. 特定非営利活動法人ワーカーズコープ 95. 特定非営利活動法人わっか 96. わつなぎの会 わつなぎ食堂

助成プログラム B
「食を通した居場所づくり支援
(スタートアップ助成金)」

97. おけまる食堂 98. NPO法人SK人権ネット 熊谷なないろ食堂 100. 子ども食堂くすくす 101. 子ども食堂食育「五つの力」 104. しうんまんまる広場 105. 一般社団法人小豆島子ども・若者支援機構 106. 白岡こども食堂 はらいっぱい 107. 竹園土曜ひろば 108. Tおむすび食堂 110. 特定非営利活動法人なまむぎこども食堂 112. 東川こどものみらい協議会 113. ひまわり食堂 足寄 115. 不登校の子のための居場所 あれとぽ 116. みやわかこども食堂ネットワーク 2018年度 助成団体

助成プログラム A「食育活動」

21. NPO あーすりんく 22. NGO inon 23. 特定非営利活動法人 essence 24. 一般社団法人 大船渡青年会議所 25. 公益財団法人 京都YWCA 26. 特定非営利活動法人 こども・コムステーション・いしかり 27. 特定非営利活動法人 珊瑚舎スコーレ 28. 特定非営利活動法人 とめタウンネット 29. 一般社団法人 白馬スポーツ・自然振興協会 30. 日和なごみ会

助成プログラム B
「食を通した居場所づくり支援」

31. 特定非営利活動法人 石巻復興支援ネットワーク 32. 特定非営利活動法人 ウイズアイ 33. 特定非営利活動法人 キッズ未来プロジェクト 34. 特定非営利活動法人 子育てネットひまわり 35. 一般社団法人 子どもの居場所 まーる 36. NPO法人 CPAO 37. 新旭住民福祉協議会 38. 認定NPO法人 3keys 39. NPO法人 せたがや子育てネット 40. なかがわ☆こども食堂実行委員会 41. 不登校支援 「親の会」 42. 社会福祉法人 豊明市社会福祉協議会 43. 特定非営利活動法人 YCスタジオ 44. わいわい子ども食堂プロジェクト 45. 社会福祉法人 わたぼうしの会 46. 一般社団法人 ワタママスマイル
2019年度 食を通した居場所づくり支援

公益財団法人すみれ学級

子ども食堂・学習支援・居場所づくり

大分市内に4か所、別府市内に2か所、豊後大野市内に1か所の子ども食堂を運営しています。名称は「すみれ学級」です。朝食、昼食、夕食と態様はありますが、毎週、毎日どこかで開催していることになります。これら総体で、2019年度は、開催日数1,205日、提供食事数は13,000食余りになる見込みです。
公益財団法人すみれ学級
代表者:理事長 藤井富生 
所在地:大分県大分市大字中戸次4496番地の2

設立年月日:2018年4月1日
連絡先:097-585-5865
URL:http://sumire-class.jp
助成申請事業名:学習テーブル整備事業及びキッチン備品整備事業
助成金額:60 万円
助成事業概要:
すみれ学級3組(小池原教室)ではフロアに3人用テーブルを置いて座布団を敷き、座って学習・食事をしていますが、テーブルの高さが適切ではなく、とても悪い姿勢で学習・食事をしており、衛生面からも不適切な状況です。すみれ学級1組(敷戸教室)ではテーブルがぐらついており、不安定です。また、すみれ学級4組(別府はるかぜ教室)では1人用の冷蔵庫しかなくて、現在20名近く来ている人数に対応できていません。また、豊後大野市三重町の住民から子ども食堂の開設要請が来ており、そこでも冷蔵庫が必要です。この子ども食堂は、今年1月15日に開設し、すみれ学級5組(三重教室)の名称で朝食を提供しています。この事業は2019年5月までに完了しました。

最新情報はこちら