トップ > 助成団体活動紹介 > 特定非営利活動法人 健康とコミュニティを支援するなるコミ
2020年度 助成団体

助成プログラム A「食育活動」

118. 特定非営利活動法人 ウイズアイ 120. NPO法人 おーえんくらぶ 121. 特定非営利活動法人子育てふれあいグループ自然花 122. 特定非営利活動法人 子どもセンターあさひ 123. 特定非営利活動法人 珊瑚舎スコーレ 126. 特定非営利活動法人スマイルシード 128. Team JIN「仁」(呉市市民公益活動団体) 129. 東洋食品工業短期大学微生物グループ 130. 十和田発酵食文化協会 131. 七飯の食を考える会 133. 宮城野親子で料理プロジェクト 134. 特定非営利活動法人 ルネスかごしま

助成プログラム A3

135. 特定非営利活動法人キッズ未来プロジェクト 138. 特定非営利活動法人とめタウンネット 139. 東灘こどもカフェ

助成プログラム B
「食を通した居場所づくり支援」

140. 一般社団法人 あすなろ 142. 結こっさの会 143. 上原ファンインずっとも食堂 144. くすのき子ども食堂実行委員会 ▶ 特定非営利活動法人 健康とコミュニティを支援するなるコミ 146. NPO法人 Kodomo Saijo 149. 一般社団法人 小豆島 子ども・若者支援機構 150. 城南こどもくらぶ 153. 団欒長屋プロジェクト 154. 特定非営利活動法人 NPO 徳之島青少年支援センター「にかむり塾」 155. とくりき ワクワク☆ドキドキ 食堂 157. トロワの畑こども食堂 159. 特定非営利活動法人 happiness 161. 特定非営利活動法人 とどろき 162. 特定非営利活動法人 みんなの広場ひびき 163. 特定非営利活動法人 山口せわやきネットワーク 164. 特定非営利活動法人 大和Company 165. 特定非営利活動法人 らいおんはーと

助成プログラム B
「食を通した居場所づくり支援
(スタートアップ助成金)」

167. あじさいの集い富士見 169. 江平レストラン 171. 河北家庭医療学センター「暮らしの処方箋」 おひさま食堂@南阿佐谷 174. 一般社団法人城野ひとまちネット 住民コミュニティ部会 176. 大正地区 地域食堂実行委員会 183. 医療法人麻の会 首里城下町クリニック第一 町の自習室 184. NPO法人ミュージックサポートネットワークぱぴぷぺぽ 186. 特定非営利活動法人 やまがた絆の架け橋ネットワーク 187. 山梨県立ひばりが丘高校うどん部
2020年度 食を通した居場所づくり支援

特定非営利活動法人 健康とコミュニティを支援するなるコミ

食で育む地域の緩い結び目づくり

2015年10月1日和歌山市鳴神にある宇都宮病院が地域コミュニティの拠点として『なるコミ』(鳴神にあるコミュニティの略)を開設。以後地域の利用者や月1000名を超え自分達の居場所として活用していただくために、地域の方々が理事となり2018年4月2日NPO法人化して活動を行っている。
ノットワーキング(knot working)=地域の緩い結び目づくりをコンセプトに、鳴神子ども食堂、助産師によるわらべうた&ベビーマッサージ教室、キッズ英語教室、キッズルームの開放、認知症カフェ、がんサロン、ボランティア講師が行う健康教室・みになる教室、社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・看護師などの専門職を配置した医療介護福祉相談室、医療と介護の未来塾の開催、和歌山薬膳アンバサダー養成講座など、健康と地域コミュニティを支援する多彩な活動を積極的に行っている。2019年にはなるコミの利用者数は月1600名を超え、0歳から100歳まで幅広い年齢層に支持されている。

特定非営利活動法人 健康とコミュニティを支援するなるコミ
代表者:宇都宮越子 
所在地:和歌山県和歌山市鳴神505-4 宇都宮病院敷地内

設立年月日:2018年4月2日
連絡先:073-471-3148
URL:http://www.narucomi.com/
助成申請事業名:食で育む地域の緩い結び目づくり
助成金額:60万円
助成事業概要:
子ども食堂を始めて、4年目となる。130人規模(ボランティア20名)の大規模な子ども食堂であるため、病院栄養士が作る食育○×クイズや、お箸の使い方講座+箸を使った豆ゲームなどみんなで学べる食育に力を注いできた。アゼリアロータリークラブや行政、JAわかやまなどとも連携しながら、昨年より子ども食堂のための田んぼや畑の提供を受け、みんなで育てた命をいただく活動を開始したが、NPO法人の車がないため元の母体であった宇都宮病院の車を借りたり、収穫物の保管場所がなく虫や傷むなどの問題が生じており、フードバンク事業も見据えた今後の事業の継続に不安がある。

最新情報はこちら